ロイヤルノート|ろくでもない知識をきみに。

ろくでもない知識をとにかくかき集めて、どこかの誰かのためにウェブの海へ放り投げているブログ

ストレスを軽減して心を落ち着ける、α波を増やしてくれる香り

 

香りが人間の脳波に影響を与えるという研究はかなり進められています。
ひとの脳波には「興奮を司るβ波」と「鎮静を司るα波」がありますが、今回はα波を増やし心をリラックスさせてくれる、鎮静効果の高い香りをご紹介します。

ローズ(またはゼラニウム)


Amazon ローズ 精油

バラの香りです。 バラは一般的に抽出できる精油の量がかなり少なくて貴重、そのため高価になりやすいです。なおローズの香りに非常によく似た香りでゼラニウムがあります。これらは両方とも「ゲラニオール」という花様の芳香成分を持っているため香りが似ています。
ゼラニウムは比較的安価で手に入れることができ、お手軽にバラのような香りを楽しむことができるのでオススメです。僕も好きでよく使っています。
※どちらかというと、バラにちょっとだけグリーンを足したような香りですね。
なおゼラニウムは「興奮」と「鎮静」双方に作用する成分を含んでいるのでこちらもまた、気分が落ち着かない時や不安な時に心のバランス調整をしてくれます。

Amazon ゼラニウム 精油

商品によりますが、だいたいゼラニウムはローズの5分の1くらいの価格だったりします。助かります。

白檀(ビャクダン・サンダルウッド)

Amazon サンダルウッド 精油

これは日本人にもわりとなじみ深い香りなんじゃないでしょうか。仏教のお線香の香りです。「おじいちゃんおばあちゃんのお家の香りを思い出す」なんてかたもいらっしゃるのでは。

ビャクダン(サンダルウッド)はいわゆる「ウッディのいい香り」で、嫌みのない樹木様の香りです。古くから瞑想にも使われて、心身の鎮静にはもってこいの香りとして活用されてきました。

スキンケアにも使えます、この場合はサンダルウッドは「収れん作用」があるタイプなので「オイリーな箇所や毛穴の引き締め」に向いています。 
※もちろん、精油はそのままダイレクトに肌に塗っちゃだめですよ!これはまた記事にします

ラベンダー

Amazon ラベンダー 精油

定番のラベンダー。ヨーロッパの高地が原産、日本でも北海道を中心に栽培されています。ラベンダーはアロマテラピーの入門にもってこいの万能精油で、とても幅広い作用が確認されています。応用が利くのです。なかでも心身の鎮静作用が優れており、心のリラックスに最適な香りです。

お部屋やトイレの消臭剤などにも「ラベンダーの香り」という部類で販売されているので、ひとによっては「あ、トイレの香りだ」って思うかたもいるかもしれません。
確かに香りはそっくりにつくることができますからそう思うのも無理のないこと。

ただし、α波鎮静作用を求める場合は、精油にしましょう。精油は天然の芳香成分で100以上の天然化学成分が含まれています。この天然化学成分が人間の脳波に影響を及ぼします。

定番の香りで栽培量も多いので、安価で手に入り最もお薦めな精油といえます。

乳香(オリバナム/フランキンセンス)

Amazon 乳香 精油

サンダルウッドと対照的に、こちらはおもに西洋の儀式で使われる神聖な香りです。古代エジプトやインド、キリスト教など。

精油の抽出部分が「樹脂」になるので、木っぽい香りでありながら若干スパイシーさを持ち合わせています。 

この乳香もまたゼラニウムと同じで、鎮静と興奮両方に作用してくれるため、心身のバランスをとることができます。ストレスは軽減し、いっぽうで集中力を高めてくれる仕事中にもってこいの香りです。

精油選びは自分にちょうどイイものを。

メーカーによって種類も値段もピンキリなのでなるべく自分に合ったものを選ぶといいでしょう。
僕が個人的にオススメしておきたいこととしては、ブランドに信頼のおけるニールズヤードレメディーズGAIA生活の木、または日本アロマ環境協会(AEAJ)が推奨しているもの、協会の指定する規格に適合するものが良いです。
ちなみにGAIAはAEAJが公式にお薦めしています。
ニセモノの精油は要注意です。100%天然精油ではなく、合成化学成分で香りを足しているものもあります。