ロイヤルノート|でくのぼうのアロマでエスプレッソな雑記

でくのぼうのアロマでエスプレッソな雑記

《簡単》まずい無味プロテインをおいしく飲むレシピ

 

f:id:vintraw:20170105022707j:plain

プロフィールにある通り、僕はある種のベジタリアンです。
そこで筋トレ後に補給するプロテインはソイプロテインにしています。

このブログのテーマに「畜肉なしで筋肉をつけられるかの検証」という点も含まれているので、それを実証するためにも必要なプロセス。

そんなソイプロテインですがクセがあります。
クセをなくすためにいろんな味付きのものも販売されていますが、圧倒的なコスパから僕は無味プロテインを選択しています。

この無味プロテインをおいしく飲む超簡単なレシピをご紹介します。
なおソイじゃなくても無味プロテインならどれでも応用できます。

  スポンサードリンク  

レシピ

みなさんコーヒーは好きですか?
甘いコーヒーなら飲めるというかたなら大丈夫です。

用意するもの

なんといってもこのレシピのMVPはサントリーボス ラテベースです。
この子が発売されてからは天国です。
一気に無味プロテインの未来がひらけました。

ノーマルのほか、これら無糖タイプとキャラメルタイプもあります。
このレシピでは無糖タイプにするとさすがにちょっとつらいです。
ノーマルかキャラメルタイプで多少甘みがあるほうが、抜群に飲みやすくなります。 

つくりかた

シェーカーにラテベースと無脂肪乳を入れる

みなさんも経験あるかもしれませんが、先にシェーカーにプロテインを入れてしまうと粉がシェーカーに張り付いて、いくらふっても取れなくなりますよね。
まず先にラテベースと無脂肪乳をシェーカーに入れて「水の受け皿」をつくってしまいましょう。

ラテベース自体は「4倍希釈」の商品ですが、そこまで濃ゆく作らなくても十分おいしいです。僕は6倍にしています。


僕はラテベースのキャップ2杯でだいたい25mlくらいなので、そこに+125mlして総量150mlの6倍希釈ラテをつくっています。

いつものプロテインを投入してシェイクして完成

だいたいどのプロテインも1回につき約20g前後が目安になっていますよね。
量はおまかせしますが、20g:150mlくらいだとコスパも抑えつつおいしくも飲めてバランスいい感じです。

おしまい

粉を入れるので多少は粉っぽさが出ますが、味は十分ごまかせます。
むしろ甘みがあっておいしいので、筋トレ後のご褒美としてもなかなか良好です。

ノーマルまたはキャラメルタイプでもせいぜい25mlに糖質は2.5g~3gくらいしか入っていないので、糖質制限中のかたも気にせず使えるレシピなのではないでしょうか。

無味プロテインをお持ちのかたはぜひ一度トライしてみてください。