ロイヤルノート|ろくでもない知識をきみに。

ろくでもない知識をとにかくかき集めて、どこかの誰かのためにウェブの海へ放り投げているブログ

ゴキブリを簡単に撃退するにはレモンがいい

 

  スポンサードリンク  

出来れば遭遇したくないですよね。

この記事を見ているかたは少なくともゴキちゃんがあまり好きではないはず。
もしくは厨房の衛生担当でゴキちゃんの駆除に困っているかたなのかもしれない。
そんなあなたのために、香りを使った裏技をご紹介。

解決法の前にまず、なんでゴキちゃんは大量発生しやすいのかについて。

仲間を呼び寄せるフェロモンを出している

ゴキちゃんはフェロモンを出しています。
一般的に異性を惹きつけるための生体反応ですがゴキブリはそうではなく、性別を問わず「ゴキちゃんだよ、全員集合!」という香りを発します。
正確にはゴキブリのフンから香ります(フェロモンを出す細胞が直腸にあるため)。

そのため「え、なになにどしたー」と次々ゴキちゃんが集まってくるのです。

なおこのフェロモン様の香りは「ゴキブリホイホイ(仮)」みたいなイメージのゴキブリ捕獲材に実際に応用されていたりするそうです。

ということ逆に考えると、捕獲材にフェロモン様の香りが使われているとしたら捕獲と同時に集めてしまう可能性もあるのでは?

真相を知らないのでこれはただ考えるだけに留めます。

対策:レモンの皮を置いておく

f:id:vintraw:20170102175829j:plain

これだけです。簡単ですね。
ゴキちゃんはレモンの芳香成分が苦手です。
死にはしないけど失神します。

レモンの皮の実験

以前見た某テレビでこんな検証がおこなわれていました。

検証実験
1.細長いプラスチックの箱のいっぽうにレモンの皮、もういっぽうに活性炭(においを吸収する)を置いて、その中にゴキブリを入れる
結果:ゴキブリが全部、急いで活性炭のほうへ寄る
2.プラスチックの箱の中に、レモンの皮とゴキブリを入れて放置。
結果:5分後くらいから不自然にもがきはじめ、15分後にはあおむけになり失神

ゴキブリはレモンの芳香成分で失神する

ならばレモンで家に結界を張ればいいじゃないかということで、ゴキブリの出やすい場所にレモンの皮をスライスしてぺらぺらと置いておく。
すると元々いたゴキブリは逃げていきますし、新たなゴキブリも寄ってきません。

レモンの精油が使い勝手よし

なんといっても扱いやすいのは精油でしょう。
精油はレモンの皮から芳香成分だけを何倍にも濃縮して抽出したもの。
パンチも相当効いてます。
生ものじゃなくて液体だから腐ったり処分をしたりという手間もありません。
ポタっとたらしておくだけで芳香成分が周り一帯に広がりますし、これこそ天然芳香成分の結界となります。

ゴキちゃん発生でお悩みのかたは、だまされたと思って精油一本買って、ポタポタたらしておいてください。
お住まいが極楽浄土に変わります。

精油はだいたい5~10mlで売っていることが多いです。
少ないと思うかもしれませんが精油1滴で0.05mlなので、5mlのもので100回(箇所)に使えるんです。定期的に買い替えなくちゃいけないゴキブリ捕獲材とかよりもお得な気がします。(捕獲材は捕まえるだけだし…)

オマケ:ショウジョウバエにも効く

ちなみにこの裏技はショウジョウバエにも同様の効果があります。
ハエの沸きすぎに困っているかたにも効果てきめんです。

注意点

おうちで猫ちゃんを飼われているかたは、精油のぶちまけすぎにご注意ください。
猫は精油の芳香成分が体内代謝されず毒性を微量ながらため込んでしまう可能性が研究結果として示されています。
しかも特に「柑橘系」の香りがそもそも苦手です。
うちも猫ちゃん飼っていますので精油の焚き方などは気を付けています。

たとえば今回の用途であれば、猫は嗅がないけどゴキちゃんにだけ効く、洗面所の扉の下とか、キッチンの収納の奥とか、そうゆう箇所がねらい目でしょう。