ロイヤルノート|でくのぼうのアロマでエスプレッソな雑記

でくのぼうのアロマでエスプレッソな雑記

浮気率10~50%以上/人はけっこう浮気っぽい

f:id:vintraw:20170501124831j:plain

 

浮気。

これはどうやら人間の恋と結婚からは切っても切れない難問のようです。
結婚の場合は「不倫」ですね。

芸能人の動向を見ていても最近よく思いますが、なんだか離婚、昔より増えましたよね。 

基本的にぼくたち人間は恋人に「浮気しないでね!」って性的な忠誠を求めます。
夫婦になっても男女お互いに「不倫しないでね!」と性的な忠誠を求めるのが自然ですよね。

ところが実際には、浮気や不倫が尽きることがありません。 

これは1992~2004年にまとめられた海外の論文のデータ抜粋ですが、なかなかに人間の浮気性をものがたっていました。

DATA
過去1年以内で、パートナーがいる時にパートナー以外と肉体関係を持ったことがある人
・イギリス男(16~24歳):20%以上(5人に1人)
・イギリス女(16~24歳):15%以上
・アメリカ男(18~29歳):40%以上(3人に1人より多い)
・アメリカ女(18~29歳):25%以上(4人に1人)
・アメリカ男(30~44歳):30%以上
・アメリカ女(30~44歳):15%以上

一生のうちに、パートナーがいる時にパートナー以外と肉体関係を持ったことがある人
・フランス男(35~49歳):30%以上
・フランス女(35~49歳):50%以上(2人に1人)
・オーストラリア男(18~24歳):20%以上(5人に1人)
・オーストラリア女(18~24歳):10%以上
・オーストラリア男(25~50歳):40%以上(3人に1人より多い)
・オーストラリア女(25~50歳):40%以上(3人に1人より多い)

このデータを見ると、現実的には男女の差はあまり無く、人間は浮気(または不倫)をする可能性を十分秘めている存在だということが明らかになりますね。
歳の若い人も歳をとった人もほぼ変わらず浮気をしていることになります。
多少年上のほうがパーセンテージが多いのも、それは人生の長さ(浮気をする可能性のある時間)の差だと考えると説明がつきます。

どうしてひとって浮気っぽいのでしょう。
ひとが浮気をするメカニズム(と言っていいのか…?)をいずれ理論的に、いやむしろ生物学的に考えていきたいと思います。

▼そしてその後考えてみた次記事がこちら