ロイヤルノート|ろくでもない知識をきみに。

ろくでもない知識をとにかくかき集めて、どこかの誰かのためにウェブの海へ放り投げているブログ

北参道・原宿付近でコーヒー飲むのにおすすめの隠れ家カフェ《チサ カフェ》

 

先日原宿へおでかけをする用事があって、千駄ヶ谷から徒歩で向かっていた道中で偶然見つけた隠れ家的カフェのご紹介です。

---- 目次 ----

  スポンサードリンク  

写真で紹介

細い路地に面したところにこのような看板が。こちらのおかげで店の存在に気づきました。そしてお店の入り口は、見えているこのさらに細長い路地へ入っていった奥の奥です。

お店、発見です。

席に通されて出てきたコップは、オリジナルな風貌のガラス製です。た、高そう……。
後から気づきましたが、店内には多数のガラス工芸品が展示されており、購入もできるようになっています。アトリエカフェというような感じ。

代表チサさんの似顔絵がメニュー表の1ページめにありました。

今回は喫茶の利用だったのでランチはいただきませんでしたが、このようなおもてなしランチも¥1,200-で提供いただけるようです。自家製の新生姜ドレッシング、気になりますね。筆者冷え性なもので……。 

今回いただいたのはこちらのデザートセット¥800-。連れとはメニューを変えて、ひとつはチサさんのふわふわシフォンケーキと紅茶。もうひとつはチサさん自慢のアフォガードとコーヒーを選びました。

ちなみに各デザートメニューの詳細も、かわいいイラストとともに紹介されています。
読者さまの中にはお気づきのかたもいるかもしれませんが、筆者この手の余白を大切にしたデザイン、大好物です。
ウロコ付きの書体というところも地味にお気に入り。

シフォンケーキにはアールグレイ茶葉が入っているようで風味に期待です。

こちらはアフォガード。最初はバニラアイス単体で、次にアフォガードをかけて楽しみましょう。

登場したコーヒー。酸味ほど良く、強すぎず。苦味はむしろほとんど無く。きわめて中庸なバランスで、純粋にコーヒーの風味を楽しめます。飲み口柔らかく、コーヒー初心者のかたでも安心して楽しめそう。そんなコーヒーです。
なおミルクはコーヒーフレッシュなので、そこは残念なところ。

いっぽうこちら紅茶。良いタイミングで茶葉を抜いてあるのでしょう、完璧な風味です。赤色も綺麗で、味も苦味が出る前で調節されています。単体でも非常に飲みやすい紅茶です。好みでした。

ふわふわシフォンケーキ。メニュー記載のとおりアールグレイ茶葉が散りばめられており、食すと口の中にほんのりアールグレイの香りが広がりました。あくまでほんのりで、主張しすぎということはなく食べやすいです。筆者としてはさらにもう一歩くらい風味を強くしても良いかと思います。
それはともかくこのガラスです。うすい透過のガラス皿に粉糖がまぶされたその見た目が美しくて、これには連れともども感動・絶賛です。
ガラスにやっぱりこだわっていらっしゃる……。

「そういえば」と茶器を裏返してみるとイタリアの「SAN MARCO」の文字が。やはり輸入したガラス工芸なのですね。どうりで使われている茶器がいずれも上品だと思いました。

そしてアフォガード。 バニラアイスをひとくち。ふりかけられたココアパウダーの風味もしつつ、アイスそのもののバニラ感が強く濃厚です、つまりおいしいです!ミルク風味も濃いですがバニラ感のほうが強く、しっかりとした甘みを感じられます。
そこへエスプレッソを足すと、不思議なことにさっきまでの甘い感じは7割軽減されます。一気に、おちついた優しい甘さのアイスに早変わり。
これも良いバランスで提供されているなあと感心です。

総評と所感

今回の訪問での評点は次のとおりです。
(ガラス工芸のほうじゃなく純粋にカフェとして)

席数すくない度 ★★
知る人ぞ知る隠れ家度 ★★★★★
お値段 ★★★★
チサさんの人柄度 ★★★★★
オススメ度 ★★★★

店内はL字型になっており、最初の空間が狭く、奥の空間が広いです。奥のガラス展示スペースが広いのに対して、カフェスペースが狭くもったいない印象です。
入口から見ると、先にまずカフェスペース。奥の角を曲がったその先がすべてガラス工芸展示スペースになっているというレイアウトです。
筆者がもしお店の人なら…

  1. ガラス工芸展示スペースとカフェスペースを逆にします
  2. 席数を増やします(各席のパーソナルスペースももう少しだけ空けたほうが快適になるでしょう)
  3. この場合入口から見るとガラス工芸でいっぱいになってしまい、入っていいのか、席が空いてるのかなどが気になるはずなので、「席数」の記載と「今空いています/満席です」の情報を記載します

このようなところを試してみると思います。
先に奥へと客を座らせて、ゆっくりさせてあげれば、そこまでに目にしてきた展示物が自由に見ていいものなのだと直感で分かるようになり、サーブするまでの間に自然と立ち上がってガラス工芸品を見てくれるようになると思います。

一点惜しいのはコーヒーにつくコーヒーフレッシュです。あれはただの乳化した植物油脂なのでちょっとコストはかかるかもしれませんがちゃんとしたミルクを提供するほうが、せっかくのお店の品格に合うように感じました。

色々書いたものの、基本的には大手を振ってオススメしたいお店です。
スイーツもドリンクも、それぞれがしっかりバランスを考えられてメニュー化されている味わいでしたし、スイーツとコーヒー(紅茶)を合わせたときの風味もオススメしたいおいしさでした。
大変個性的なお店でチェーン店のそれとは一線を画しています。
足を運べば普段のカフェライフとは一味違った居心地が楽しめることと思います。

サーブやレジを担当くださった店員さんが大変に人柄が良く「ブログなどでご紹介してもよろしいでしょうか?」と尋ねましたところ「どうぞぜひ!」と快諾くださって、本当に気持ちが良い笑顔を向けてくださったことが一番の喜びでした。 

チサ カフェの基本情報

店名 チサ カフェ (chisa cafe)
住所 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-21-2
交通手段 副都心線「北参道駅」2番出口 徒歩5分
中央・総武線「千駄ヶ谷駅」徒歩7分
大江戸線「国立競技場前駅」徒歩7分
JR山手線「代々木駅」西口 徒歩10分
大江戸線「代々木駅」徒歩10分 北参道駅から208m
営業時間 [水~日] 11:00~16:30(L.O.)
日曜営業
定休日 月曜・火曜(祝日は営業)

参照元:食べログ  (2016/12/19執筆時点)

その他の詳しい情報は食べログ  チサさんの公式HP  などをご参照ください。 

お店のかたへ

おいしいサービス、本当にありがとうございました。
もしもこのような一個人の所感がどこか参考になるようでしたら幸いです。

そして後から気づいたのですが……店内でガラスをご紹介くださったかたがなんと代表のチサさんだったのですね。
恐れ多くもこんな若造がいっちょまえに芸術品をともに拝見させていただいていたとは、光栄です。

余談ですが僕はガラス製品が好きで、でも素人なので有名店くらいの知識しかなく、よく購入しているのはバカラ社です。中でもこちらのロックグラスのエッチングが好みです。 

先ほどシフォンケーキが乗っていたガラスはイタリアのヤロスというメーカーのもののようでした。同じものはありませんでしたが、やはりこのようにきわめて薄い透過の造り。綺麗ですね。