国税のクレジットカード払いが可能に!《お得になるか計算してみる》

 

f:id:vintraw:20161210110518j:plain

前略、読者さま。
前回の記事  もあって、クレジットカードのことを悶々と悩んでいました。
そうしたら、国税庁からなかなか気になる発表が行われていたのでご紹介します。

  スポンサードリンク  

---- 目次 ----

 いつ、どうやってできる?

インターネット上でのクレジットカード支払の機能を利用して、国税庁長官が指定した納付受託者(トヨタファイナンス株式会社)へ、国税の納付の立替払いを委託することにより国税を納付する手続です。

『国税クレジットカードお支払サイト』がオープンして、ウェブからお支払いができます。
2017年1月4日からスタート。
今のところオンライン決済のみ、です。

これはありがたいですよね。
ただでさえ面倒な国税の支払い。
役所よりはコンビニ。コンビニよりは自宅のパソコンですな!

オンラインですから当然、24時間受付可能です。

どんな税が対象? 

申告所得税及び復興特別所得税、法人税、消費税及び地方消費税、贈与税、酒税などほぼ全ての税目で利用可能です(一部対象外の税目があります。)。

案内PDFにリストアップされていたので列挙しておきます。
みなさんが関係する税ってそれぞれ違いますが、とにかくだいぶ幅広く。
引用にあるようにほぼ全ての税目で利用可能ということですね(∩´∀`)∩

  • 申告所得税及び復興特別所得税
  • 消費税及び地方消費税
  • 法人税(連結納税を含む)
  • 地方法人税(連結納税を含む)
  • 相続税
  • 贈与税
  • 源泉所得税及び復興特別所得税(告知分のみ)
  • 源泉所得税(告知分のみ)
  • 申告所得税
  • 復興特別法人税(連結納税を含む)
  • 消費税
  • 酒税
  • たばこ税
  • たばこ税及びたばこ特別税
  • 石油税
  • 石油石炭税
  • 電源開発促進税
  • 揮発油税及び地方道路税
  • 揮発油税及び地方揮発油税
  • 石油ガス税
  • 航空機燃料税
  • 登録免許税(告知分のみ)
  • 自動車重量税(告知分のみ)
  • 印紙税

手数料はかかる、領収書はでない

便利になるいっぽうで、手数料はかかります

決済手数料は納付税額が最初の1万円までは76円(消費税別)、以後1万円を超えるごとに76円(消費税別)を加算した金額となります。

ようするに1万円ごとに76円+税がかかるとのこと。

そして領収書はでないそうです。
でも必要であれば、役所に申し出ることで別途領収書の発行は可能だそうですよ。
あ、もちろん納税証明書はちゃんと出るみたいです。

どのクレジットカードが使える?

Visa  、Mastercard  、JCB  
American Express  、Diners Club  、TS CUBIC CARD

これらのブランド(マーク)のものが使えるとのこと!
まあ一般的ですよね。
※ちなみに最後のやつは知らない……(;^ω^)

クレジット払いだとお得?

ぼくはアメックスの他に個人用として楽天プレミアムカード  を使っています。

いわずもがな楽天ポイント狙いです。
さまざま特典を併用していくと還元率が高いですから。

それはともかくとして。
一般的な還元率『100円につき1ポイント(1円相当)』で計算してみる場合です。

1万円を納付→手数料82円(税込)→還元される楽天ポイントは100P(100円)
お得だ\( 'ω')/

10万円を納付→手数料820円(税込)→還元される楽天ポイントは1,000P(1,000円)
やっぱりお得だ°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

かかる手数料以上にポイントが還ってくるようなので、これは実際にのっかってみる価値ありそうですね!

参考にしたページとPDFはこちら。
気になる方はチェックしてみてください!
[手続名]クレジットカード納付の手続|納税証明書及び納税手続関係|国税庁  

クレジットカード納付のQ&A(PDF/171KB)