ロイヤルノート|ろくでもない知識をきみに。

ろくでもない知識をとにかくかき集めて、どこかの誰かのためにウェブの海へ放り投げているブログ

保険を見直すついでに、環境保護活動にも参加しました。

 

半額以下に見直しをして契約更新した自動車保険の書類がもろもろ届きました。

  スポンサードリンク  

その中にこんな1枚の紙がはいっていました。

Green Gift 地球へ、未来への贈りもの。

おー、これは筆者のこころをくすぐるネーミング!
裏側を見てみると、

このたびは、ご契約いただき、誠にありがとうございました。
また、「Green Gift」プロジェクトにご賛同いただき、ありがとうございました。

筆者、なにかに賛同していたらしいです(;゚Д゚)
まったく気づいていなかったのですが……。

Green Giftプロジェクトとは?

紙資源の使用量削減に取り組んでおり、使用量削減額の一部をマングローブ植林をはじめとした国内外の環境保護活動に役立てる「Green Gift」プロジェクトを展開しています。

東京海上日動が推しすすめる環境保護活動の一環でした。

筆者、どうやって参加した? 

思い出してみても特になにかに参加した覚えがなかったのですが、

「ご契約のしおり(約款)等を弊社ホームページ上でご確認いただく方法をご選択いただいたお客様をパートナー(Green Giftパートナー)として、弊社からマングローブ植林をはじめとした国内外の環境保護活動に寄付を実施します。

これで謎が解けました!
「約款は紙じゃなくてWEBにする」としたことが参加表明に該当していました。
確かに筆者は日ごろから

世の中、紙をムダ遣いしすぎ!

と考えているタイプなので、契約更新のなかで「約款はWEBにする」があったら当然選択してるはずでした。

ぼくらに代わって寄付を。

約款のぶんの紙を節約することに同意してくれたひとがいたら、代わりに東京海上日動が環境保護活動に寄付をしてくれます。

f:id:vintraw:20161228095514p:plain

ざっくりですがシンプルでわかりやすい図解です。
最後の1項目がほっこりしますよね。

たしかに今のペースじゃどうがんばってもすぐすぐは地球は幸せになりませんね。
「未来の」がついているのは現実的なひとことです。

参加の意識が大切ですから。

それでも大切なことは参加すること。
そして共感することです。
環境への貢献をみんなで実感することがまず一歩目として必要になってくるんじゃないかなと改めて思う機会となりました。 

導入なら、安くて内容もちょうど良い新書系がおすすめです。