ロイヤルノート|ろくでもない知識をきみに。

ろくでもない知識をとにかくかき集めて、どこかの誰かのためにウェブの海へ放り投げているブログ

DMMモバイル・楽天モバイル・LINEモバイルを比較する《のん(元・能年玲奈さん)CM出演記念》

f:id:vintraw:20170503141234j:plain

f:id:vintraw:20170503153916j:plain

格安SIM
そしてのんちゃん(元・能年玲奈さん)
この2つがそろった時、私の興味が湧かないわけがありません! 

  • のんちゃんには頑張ってほしいと思う
  • でも肝心の「あまちゃん(NHKドラマ)」はまだ観てないw
  • 格安SIM(格安スマホ)は大好き
  • ぷらら⇒DMMモバイル⇒楽天モバイルを使ってきた

こんな感じの私が、ちょっと気になったのでLINEモバイルどうなのか?の件を調べてみました。
格安SIMを検討しているかたの参考になれば幸いです!

ちょっとその前にみんなでCM観よ?

とりあえずその前にCM観ときましょう、CM!
よくぞのんちゃんを起用してくれました、LINE。
社会の闇側の人間に負けないで、これからも活躍してほしいです。

交差点篇もあります!

さらに…!メイキング的な動画がオリコンさんから出てました^^
オリコンGOOD JOB!!

よし!
のんちゃんの雰囲気に癒されたところで本題に進みましょう。

私の実体験に基づくレビューも含みます。

DMMモバイル・楽天モバイル・LINEモバイルで比較

ぷららモバイルLTEも使ったことありますが、まーーー通信速度がクソだったので比較対象にしません。
月並みな言葉だが大手は安心感があります、えぇ。

Answer
ぷららモバイルLTEの通信速度は論外なので辞めてOK

通信速度の実際のところ

現在、メインとサブで楽天モバイルとDMMモバイル両方使ってます。
仕事では東京都心と、郊外である埼玉県を毎日行ったり来たり。
その中で使用した所感です。

DMMも楽天も基本的には、よくつながり、遅延も少ない

都心でも郊外でも、両企業ともつながり具合は良好です。
なにかのはずみで、たまーーーにちょっと読み込みが遅くなる時もあります。
その数少ない遅延の頻度も、両企業ともに同じくらいです。

Answer
通信速度と遅延は、DMMも楽天も差はなし。どっちもGOOD!
なお、LINEモバイルは使ってないのでわかりません(;'∀')
※大手だし、後発で満を持して登場してるので大丈夫だと予想はする

データ量と料金

SIMには、ネットサーフィンなどインターネット通信だけが可能な「データSIMタイプ」と、そのネット通信にプラスして電話もかけられる「通話SIMタイプ」があります。

データSIMの比較

f:id:vintraw:20170503155912p:plain

LINEの1GBを例外として、全てSMS付き。
音声通話はできないのでネット通信のみ可能な場合の料金です。
DMMは安くて細かい、楽天は最大量が大きい、LINEはちょっと特殊でSNS利用に強い、が特徴でしょう。

LINEモバイルはSNSが使い放題

現代っ子にかなりすり寄った好プランを提案してきました。
1GBプランならLINEで使うデータ使用量は無制限!
3GB~10GBではLINE・Twitter・Facebook・Instagramで使うデータ使用量は無制限です!

つまり、

通話とかしないし、LINEとTwitterとFacebook、あとInstagramでもあれば十分

という若者たちに親和性の高いサービス。

ちなみにDMMのライトプランと楽天のベーシックプランとは?

速い通信速度を必要としない人のためのプランです。
その他のプランは、データ容量を使い切ると通信速度制限がかかりますが、これらの最低限のプランでは常に高速通信速度制限がかかっている状態です。

速くないだけで使えるっちゃ使えますが……かなりモッサリします。
動画とか絶対観られません。

通話SIMの比較

f:id:vintraw:20170503162812p:plain

ざっくりですが、どれもほぼデータSIMプランに+700円前後するのが相場のようです。 

データ通信はいらない!とにかく電話を着信&発信したい!という人ならDMMライトか楽天ベーシックがねらい目でしょうか。

電話のかけ放題オプション

f:id:vintraw:20170503151859j:plain

f:id:vintraw:20170503151917j:plain

5分かけ放題はDMMと楽天が実施しています。
どちらも月額850円(税抜)で同等。
LINEは提供していません。

電話をよく使うかどうかがポイント

このオプションがあって「ありがたい!」となるのは社会人・フリーターなどお仕事でちょっとした電話をかける回数の多い人でしょう。

学生さんで「普段はLINE・SKYPEのネット通話で済ましてます」という人たちには無用のオプション。

意外なメリット、LINEモバイルならLINEでID検索が可能

格安SIMに買い替えた人なら、一度はこんなことで困ったことありません?

あれ!?LINEでID検索ができん!

LINEのID検索は18歳未満はできないようになっています。
そしてその年齢確認はドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリアのSIMでしか実施できない仕様になっています。

そのせいで、格安SIMに変えると18歳以上にもかかわらずID検索が使えないという状況に陥るのですね。

その点、さすが自社ブランドの特権といいますか、とにかくLINEモバイルは格安SIMでありながらLINEのID検索が可能になっています。
ID検索機能が使いたいがためだけにLINEモバイルに乗り換える人もけっこういそうな気がしています。

今は顔合わせる前にインターネット上で他人と知り合うケースが多いですし。
その時、現代だったらだいたいまずLINE交換になるでしょうし。

※ちなみに私はLINEで仕事連絡まで飛んでくるため、ちょっと萎えていますw

まとめ

ざっとまとめると、こんな感じかなぁと思います。 

DMMモバイルがおすすめな人

  • とにかく安さが一番の人
  • 1GB単位で、毎月細かくプラン変更して料金とデータ量をやりくりしたい人
  • DMMポイントが月々の支払い100円ごとに1P付くので、DMMをよく使う人

楽天モバイルがおすすめな人

  • 楽天ポイントが月々の支払い100円ごとに1P付く、楽天モバイルの契約によって楽天市場での獲得ポイントが+1倍になるなど、楽天サービス利用者で、ポイント還元率を追求する人
  • ひと月に20GB以上使いたい人
  • YOSHIKIが好きな人←

LINEモバイルがおすすめな人

  • 主要SNSを使うのがスマホ使用でメインの人
  • LINEのID検索を使いたい人
  • のんちゃんが好きな人←

のんちゃん応援記念と、使用感を確かめたいのと、あとLINEのID検索目的(笑)で、サブ端末をLINEモバイルで増やそうかしらと目下悩み中の筆者より、簡単なまとめをお届けしました。