ロイヤルノート|スタバと伊豆に恋するブログ

スタバと伊豆に恋するブログ

NASA発表の『最新アンチエイジング』30分に1度立つだけで老化を予防

 

f:id:vintraw:20161122003340j:plain

宇宙飛行士の人は、宇宙で1日3時間の運動が義務付けられているそう。
それでもなお、地球にかえってきたときには非常に筋力が落ち、身体能力は『老化』してしまっているのだとか。

実はこの老化現象は筋力うんぬんではなくて、意外なところに障害が起きているのが原因だと最近の研究で分かりました。

---- 目次 ----

  スポンサードリンク  

老化のカギは耳石だった

f:id:vintraw:20161122010653j:plain

それは耳の中にある『内耳』のさらに奥の奥にある器官『耳石(じせき)』。
これ、重力を感知する装置です。
この器官のおかげで体の前後左右、傾きなどの情報が分かります。

耳石は体中の筋肉とつながっていて、身体の傾きなどを察知すると耳石から筋肉へと電気信号が送られます。
この信号のおかげで筋肉は正確にふんばる、すなわち正確に筋力を使うことができるのです。
筋力がちゃんと働くのは耳石のおかげと言えます。

ところが無重力の宇宙ではどうなるでしょう。
耳石は、本来ついている器官の場所からちょっと浮いてしまうんです。
浮いてしまっては耳石がちゃんと機能しないので、無重力の中ではいくら運動をしても筋トレ効果があまりでずに、みるみるうちに筋力を低下させてしまうのです。

座りっぱなしは老化を加速させる

f:id:vintraw:20161122010706j:plain

座り続けている状態では、耳石はほぼ動きません。
これがどう影響するかというと…

そうです。
座っている状態は、無重力状態と同じ影響を身体に与えているんです。
たった1時間座るだけで22分も寿命が縮むという衝撃の情報が発表されています!

座りすぎは筋力低下、骨密度の低下、循環機能の低下、糖や脂質の代謝異常、免疫力低下、さらには寿命を決める遺伝子にダメージを与えて早死にする、などなど様々なリスクを高めてしまいます。

また耳石は自律神経にも関与しているため、わかりやすい代表的なものとして、めまいや血圧上昇、不眠などの自律神経失調症を引き起こす要因にもなります。

重力のある地球でヒトが暮らすためには、耳石が必要不可欠だったというのがわかりますよね。

アンチエイジング法、実は簡単 

f:id:vintraw:20161122010728j:plain

大丈夫です。NASAが発表したアンチエイジング法は極めてシンプルで簡単です。
30分毎に立ち上がって、また座ればいいだけ。
それだけです。

ただ立つだけでも耳石がしっかり動きます。
まっすぐ立ち上がろうとするだけでも、人は無意識のうちにまずちょっと前かがみになってから立ち上がります。
さらに左右方向についてもブレていないつもりで若干ブレつつ立ち上がっています。
立ち上がることは、耳石をしっかりと機能させるのにとても効果的な行動だったのです。

勉強や仕事で座りっぱなしという人も多いはず。
あのNASAが発表した公式アンチエイジング法ですし方法も超簡単なので、毎日ちょっとずつでも実践してみてはいかがでしょうか。