ロイヤルノート|でくのぼうのアロマでエスプレッソな雑記

でくのぼうのアロマでエスプレッソな雑記

【資料】日本の童貞&処女比率。だいたい4人に1人が魔法使い

f:id:vintraw:20170613201236j:plain

 

クリスマスも過ぎ、今さらこんな話題で恐縮です。

でもちょっと興味深い資料があったので、年の瀬にわれら日本人男女の実態をうっすら感じてみます。

以下は厚労省が公開している「出生動向基本調査」の内容の抜粋。

直近23年間の未婚日本人の童貞・処女比率です。

未婚男性の童貞比率

《男性》年齢別にみた、性経験のない未婚者の割合(単位:%)

    1992年 1997年 2002年 2005年 2010年 2015年
男性(♂) 18~19歳 70.9 64.9 64.2 60.7 68.5 72.8
20~24歳 42.5 35.8 34.2 33.6 40.5 47.0
25~29歳 24.8 25.3 25.6 23.2 25.1 31.7
30~34歳 22.7 23.4 23.4 24.3 26.1 25.6
35~39歳 26.4 26.1 24.8 26.5 27.7 26.0

まず男性の童貞比率がこちら。
グラフにしたのが以下です。

f:id:vintraw:20161231003507p:plain

全体的な推移

バブリーな1992年頃はさぞ遊んでいるのかと思いきやそんなことはありません。
むしろ1992→1997→2002→2005と年々童貞比率が下がっています。
つまり1992年よりも2005年のほうが、男性が初体験を済ます確率が上がったということ。

2005年付近、最も男性がイケイケだったようです

その後は2005→2010→2015と進むに連れて童貞比率がまた増加。

男性の草食化が進んでいるということでしょうか。

2015年ではむしろバブル期1992年と同じくらいの割合になっていますね。

10代はだいたい6~7割が童貞

まず新進気鋭のルーキーである10代

10代ならば心身ともに準備万端。

何より意欲(モチベ)というスペックが抜きんでて高い。

男女ともに好奇心の強い年代が集う学校という環境がら、性体験のチャンスに恵まれているともいえます。

しかし、お金や社会的地位という面でみるとまだ弱い。
次の20代前半(フォワード)のアタックと比べると、若干成功率が劣ります。

20代前半のうちに5~6割のみんなが初陣へ

20代前半といえば大学ではセンパイ、あるいは新社会人といったところでしょうか。

これはもう、まさに攻め時。フォワードです。

意中の女性と比べて年齢のアドバンテージというのも出てきて攻めやすいでしょう。

大学生ならバイト、社会人なら仕事でお金がたっぷり稼げるのでこれまた攻めやすい。

年齢・お金・社会的な地位(センパイとかサラリーマンとか)を武器にいよいよ本腰入れた攻めに転じられる期間といえます。 

20代後半はだいたい4分の3が童貞を捨てている(2015年以外)

年齢も気持ちも、仕事も落ち着いてきた20代後半

全てが中庸なミッドフィールダーポジション。

どの年度も童貞率はほぼ25%前後で推移。

4分の1を残して、他のみんなは童貞というステータスを捨てていきます。

なお前項の20代前半がだいたい50%くらいで非童貞だったので、20代後半で童貞を捨てている割合はだいたい25%前後ということになります。

2015年度だけ極端に割合が変わり、童貞率が30%まで上がっているのが気になります。

25歳以降は大差なく、25%が魔法使いへとクラスチェンジしていく

意外なことに、日本男性の30代以上の童貞率も25%付近。

20代後半、30代前半、後半のパーセンテージには、あまり差がありません。

つまり童貞のまま25歳を超えると卒業が困難になっている、と。

それは意欲の問題なのか、環境の問題なのか…。

童貞のまま30歳を迎えた場合を魔法使いと呼ぶらしいです。
定義はこちらのサイトから拝借。

http://www.paradisearmy.com/doujin/img/doutei.jpg

  出典:魔法使い/ 同人用語の基礎知識/ 童貞と魔法使い

本人たちの意向ではないでしょうが、ここまで童貞を守り抜き魔法使いへとクラスチェンジしていると、だんだんと攻め(オフェンス)を臆してしまう傾向があるようです。
つまりは本意ではないけどディフェンダーというところでしょうか。

そしてそのまま45歳を過ぎると、ついに妖精になれるらしいです。
妖精になったらゴールキーパーですね。

※注※
この調査結果はあくまで『独身』における割合です。
結婚してたら、もちろん性体験しているでしょうし。
年齢が上がるごとに結婚している比率も上がるから、その分パーセンテージの母数が減っている点もお忘れなく。

読みつかれましたか?残り3割くらいです!
 

未婚女性の処女比率

それでは次に、女性の処女比率も資料を見てみましょう。

《女性》年齢別にみた、性経験のない未婚者の割合(単位:%)

    1992年 1997年 2002年 2005年 2010年 2015年
女性(♀) 18~19歳 77.3 68.3 62.9 62.5 68.1 74.5
20~24歳 53.0 42.6 38.3 36.3 40.1 64.5
25~29歳 44.4 34.1 26.3 25.1 29.3 32.6
30~34歳 40.9 28.8 26.6 26.7 23.8 31.3
35~39歳 41.3 30.9 28.4 21.6 25.5 33.4

グラフにすると以下のような感じ。

f:id:vintraw:20161231012716p:plain

全体的な推移

男女の全体推移はほぼ一緒ですね。
やはり2005年頃が一番イケイケだったようです

10代の6~7割は処女

こういう調査結果をみてあらためて分かること。
意外と男女差ってないものですね。
さっき10代男子も6~7割が童貞だったように、女子も大差はない模様。

20代前半は半分くらいが処女だが2015年は変化アリ

ここが一番男女差があるようです。
男性は5~6割にかけて童貞を卒業しているが、
女性は4~5割にかけて処女を卒業している。
20代前半では、若干男性のほうが加速するらしい。
しかし2010年から2015年にかけての5年間で一気に20%近く処女率が上がっています。
男性の草食化が叫ばれているが、その影響でしょうか…?
なおそこから先の年齢は、もう男性のそれと同じ。トントンです。

次の統計はきっと2020年頃

ちょうど東京オリンピックの頃。
老若男女がイロイロと盛り上がっているであろう年。
このまま草食化が進んだらさすがに出生率マズいと思うので、オリンピックに向けてもっかい活動率上昇の波が来るといいですね!