ROYNA

ヌード撮影カメラマンがSDGsと健康を考えるです

新型コロナ後遺症を男性ホルモン塗布で克服したっぽいよ

どうもです。

さて、2020年2月に突如として新型コロナを罹患し、その日本混乱の初期にあった状況で政府や保健所の信じられない対応を受けまくってカラダの不調の中ココロまでダメージを負ったぜという件から、こちら執筆時点2021年11月でなんとだいたい630日。

やっと治りました。(たぶん)

前回の記事を書いたのが2020年の夏、おおむね治ったぜという話でしたがそれからずーっと微妙にくすぶり続ける不調。

それが顕著なのは「食が乱れるとすぐ体調に出る」という点。
いかに人体が微妙で絶妙なバランスにて仕上がっているかを体感してしまうアンビリーバボーな体験をしてました。
たぶん、このことがよく理解できるーっていう後遺症組たくさんいるんじゃないかな。
コンタクトを取っている人はみな、理解してくれてます。(同様の現象が起こるから)

この記事は、新型コロナに関するいっさいのものと訣別するための契機にする1投稿。

これからは元通り、しがたないブログに戻って自分のための備忘録や、ゆるっと人に雑学を提供してアフィリエイトリンクでも踏んでいただこうかなという普通のサイト運営に戻ろうと思います。

というか、ついにその時がきました。

これまで「コロナ後遺症終わりました!」とどうしても胸を張っていえない状況が続いたから。

新型コロナの後遺症は長い。しつこい。
終わったと思ってもまたぶり返す。
そんな性質だったので心身ともに余裕なく、とてもじゃないがブログ記事かくか〜なんていう気持ちにはならなかったのです。

さらに言うと体調が戻ると同時に本業のほうがそもそも多忙になり、今年の…特に春以降はただシンプルに忙しいという状況でもありました。

やっと、書きたいことをただ書きなぐるだけのブログ時間が取れるようになりました。
そして広く紹介したいいろんなものにも出会いました。(新型コロナ関係じゃなくて)
あとから見返したときに「こんなこともあったな」なんて人生ログにも使えますし、ここからは改めてただのブロガーとしての更新が再開されます。

ただ、新コロが人生を変えるくらいヤバいやつだったことだけは一生忘れない。
不調が続いてる人は引き続き、何かあればなんでも相談してくださいね。
わかることできることはもちろん協力させてもらいます。

まぁ…新コロ体験の最大のハイライトは、地元の内科クリニックに行って、
医者のいる部屋に通されて、まだ医者はいなくて、ちょっと待ったら医者が来たので
「ちょっと新コロぽい症状が続いてて…」と弱り果てた体で説明を始めたら開始5秒で
医者が「あっじゃあ出てって!うちじゃ見れないから!」と大慌てで踵を返して部屋から立ち去って置き去りにされたことかな〜。

所詮、医者も「仕事」であってビジネスであるため、その仕上がりも価値もピンキリ。
人命を助けたいなんていう美徳で働いている人なんてそんなにおらん、と私は20年前くらいから思ってます。
新コロとは全然関係ない件で苦しんでた当時も、なんら助けにならなかったので。

男性ホルモンを追加したら超改善した

全然関係ない話をぶりかえしてしまった!

やっと元気になってきたと思ったら、この生きるか死ぬかという地獄体験をしたなかでの医者のひどさがすごすぎて、このうっぷんをいつか外に出したいと思っていた腹の底が今出た!笑

本題をさらっと書いて終わります。

最終的に男性ホルモンの塗り薬を自己責任で塗布してみたら瞬時に不調が消えていきました。
ものっすごい驚きました。
この運命の日にやったことは2点。ひとつはこの男性ホルモン塗布。
もうひとつは漢方の「桂枝茯苓丸」が残ってたから1日1包3回のものを用法要領通りに飲んだ。

でも、この桂枝茯苓丸はそもそも新コロ後遺症で苦しんでた600日の間に何度も何日も挑戦し続けた漢方なので、これが今とつぜん1日飲んだだけで効いたとは思えない。

となると、男性ホルモンです。最後はホルモンバランスの崩れだったのかもしれない。
思い当たる節があります。

そもそも僕、あまり男らしくないのです。
性的な意味ではなく、雰囲気といいますかものの考えかたや判断、さらに体型もやや肉がつきやすく、マッスルマッスルしてない。もう10代の頃からです。

なんか人より男性ホルモン少ないんじゃないかしら?とひそかに悩んでいたけど、まぁそれはずっと放置していたわけなんです。何か致命的なものが出ていたわけじゃないから。

それが新コロを罹患して、後遺症ターンになってから、体の様々なところの調子を崩し切る最悪の敵だったからもしかしたら最後は、もともとウィークポイントだった「男性ホルモン少なめ、ホルモンバランス崩れる5秒前」な部分をさらに弱体化させたのかもしれないです。

「新コロはその人の弱いところをさらに弱くする」は不調組のなかでは定説なので、つじつまも合うな〜と個人的に感じてます。

とにかく、ダメもとで塗ってみたらその日から顕著に、体調のヘンな部分が回復していったので不思議だったわけです。
と同時にこの情報は必ず、最後にブログに出して新コロネタは終わりにしようと考え続けていて、それがついに今日達成できたというわけです。

個人の体験なので参考程度にしてください。
そして女性とかお子さんとかは「男性ホルモン」なのでどうかな…と思います。
僕に男性ホルモンが効いたっぽいポイントは「ホルモンバランスの崩れによる不調が一気に改善した」という現象だったのではないかという点なので、万人に効くものではないと思います。

なおこの男性ホルモン塗布剤は、だいたい40代男性くらいには普通に投与されるものみたいです。20歳をピークにあとは減少するだけらしいですからね。
ふっ、ピークが昔すぎる件について。

最後に僕が上記の男性ホルモン塗り薬を個人輸入したユニドラを貼っておきます。
当然ながらアフィリエイトリンクです笑
まぁ、どっちでもいいんですけどせっかくならね。

ホーム(320 x 50)

このユニドラで「セルノスジェル」と検索してください。
それが僕が使って奇跡が起きた、テストステロンが有効成分となっているジェルです。

新コロの不調ってぶりかえしがひどいから、念の為この奇跡が起きてからも1週間くらいは様子見ようと思ってたんですが現在10日くらい。
問題ありません。
むしろ、一番トラブルの原因になってた「食の不摂生」を調子こいてこの10日間タガが外れたように好きなもの山ほど食べているんですが大丈夫です。
これが僕にとって「これを公表しよう」と思える大事なキーでした。
前の状態なら100%ぶりかえしてました。

さらにいちおう、ユニドラ登録すると誰でも手に入る「紹介コード」みたいのがあって、これをどなたか必要としてる人が購入するときに使うと10%割引になるらしいので良かったらどうぞ。
たぶんカート画面とか買い物進めてる最後のあたりに入力するんだと思います。

クーポンコード:UD6DSXPI

 

……なんだか書いてみたらものすごく長くなりました。
例のごとく、僕はとくに見返しも校正もせず記事公開ボタンを押します。

2020年と2021年。

ほんとにいろんなことが勉強になったな。
そしていろんな新しいモノに出会ったな。

いろいろありましたけど、結果的には良い感じです。

新コロの件で初めてこのブログを訪れたかたはこれまでありがとうございました。
おそらくもうあなたが必要とする情報はここにはあまり出ません。

今の見込みだと、僕が今後書きそうなのは

  • 健康のための食とか筋トレとかそうゆう話
  • ヴィーガン、ベジタリアン、SDGsなど体と地球環境に優しい話
  • WEBデザインとか写真撮影とか仕事に関するノウハウメモ
  • 生きていくなかで出会って「これいいね!」と思うものの紹介
  • 今年から(ホテルの)ヒルトンブランドにハマりだしたのでそのこと

です。

以上、おつかれさまでした!