Royal Naught

新型コロナを乗り越えるための考察ノート

新型コロナウイルスに感染していたっぽいので体験を記録

ここへたどり着いたみなさん、こんにちは。
ほとんどのかたははじめまして。

私はこの過疎ブログの管理者であり、しょうもない雑記記事を書いていた一般市民です。

突然ですが今世界中で猛威をふるっている新型コロナウイルス(COVID-19)に夫婦そろって罹患していた可能性がかなり高いです。

そう考える細かい理由は山ほどあるのですが、今は世界規模で異常事態へと発展しているため書くべき話を最優先で書いていきます。

風邪が長引くならもう誰もが疑うべき

ポイントとしては、世界中からようやく『長引く症状』が新型コロナウイルスの特徴として証言され始めたこと。

無症状から消化器症状のみ、重度肺炎まで症例がさまざまであること。
今回の件で急遽つくったTwitterアカウントに、同じ症状の人々が多く集まったことなどがあります。

遅すぎる日本政府の対応、病院や保健所のたらいまわし、検査拒否、医者の「コロナじゃないですよ笑 心因性でしょ」というテキトウな診察など、直近1か月間でひどい経験をしました。

今回の新型コロナウイルスは20代であっても回復に平均27日以上かかるという情報もあります。
自分たちとしては『まちがいない』という感じです。
極論ですが平均27日なのであれば、無症状のかたを回復0日と計算したばあい長いかたは54日かかることも十分あるという話です。
((0+54)÷2=27)
しかもこれはまだ新型コロナウイルスが収束してない途中の報告ですから、平均値は伸びる可能性を感じます。

f:id:vintraw:20200326113200j:plain

Twitterで見つけた写真。テレビ朝日「ワイドスクランブル」で放送されたと見られる情報

現在、Twitter上で長引く症状に苦しむみなさんからの質問や相談などが多数寄せられています。
それでも日本の政府や自治体は極めて後手後手で、やることなすことすべて手遅れの感があります。

入国規制も遅い、移動制限も遅い、検査もしない、不況対策もズレまくってるうえに遅い。
ここまでダメな国だったのだと、今回の件で目が覚めました。

市中感染はもうとっくに蔓延している

すでに市中感染は蔓延している可能性が高く、いずれ東京の都市封鎖(ロックダウン)が実行されるのも遠くない未来のはずです。←遅いですけど

ちなみにテレビではようやく専門家などが『市中感染が蔓延のおそれ』とか言い出してますが、私たちはもう1か月前から市中感染の蔓延を指摘していました。

オリンピックや利権が最優先で、私たち日本国民の健康や安全など二の次になっている政府と、政府からの圧力で積極的にコロナとしての診療がおこなえない医療機関はもはや頼ることができません。

まるでSFのような展開ですが、今はほんとうに我々ただの一般市民が力を合わせて乗り越えないといけない局面に来ています。

そこで私はここまでの経緯や、とってきた対策など一連の情報を誰でもいつでも閲覧できるように、すでに持っていたこのブログに記事として書き残していくことにしました。

今見ているこの記事は、すべての新型コロナ関連の記事にリンクする地図のようなものです。

新型コロナウイルス関連の記事 

随時、更新します。既存記事も書き直しがはいるかもしれません。

 

 

 

↓以下、記事を仕上げるうえでのざっくりとした項目の予定メモです。今後書いていきます。

血液検査結果の特徴

高齢の母にも感染していた可能性と、ウイルスとの勝敗を決めるポイント 

免責事項とおねがい

これらの記事に記載する情報はすべて、医療従事者ではない私個人の調査や見解、体験談でありなにかを保証するものではありません。

まして、これが絶対に新型コロナウイルスの症状だったという保証も現時点ではないのです。それを確定させる術も、今の日本にはほぼありません。
これだけ時間が経って、症状も落ち着いた今PCR検査をしたところで余計に検出率は低いでしょう。

世界中を震撼させる新型コロナウイルスという脅威と闘うための情報のひとつとして、少しでも多くのみなさんに参考にしていただけたらと思い記録しています。

この活動に意義を見出してくださるかたは、Twitter、LINE、Facebookなどお好きなソーシャルメディアで拡散でお力添えください。
私ひとりの力では限界があります。
みなさんの周りのひと、家族、大切なひとが少しでもこの未曽有の危機を回避できますように。