Royal Naught

和装読書男子の超雑記「ロイヤルノート」です

写真のインスタグラム風加工をPhotoshop(フォトショ)で再現する

インスタグラム風加工とひとことで言っても、
インスタにはめちゃくちゃ豊富なフィルターが
数多く用意されています。

ここでは、

うすぼけた、ちょっと神秘的な雰囲気の写真

という感覚で表現したいと思います。
たとえば以下のような写真たちです。

f:id:vintraw:20181005180135j:plain

f:id:vintraw:20181005180214j:plain

f:id:vintraw:20181005180413j:plain

なんとなくニュアンスが伝わりますでしょうか。
今回はこういった雰囲気を再現する過程を紹介します。

細かい数値の設定は、元の写真に応じて
調節するといい具合になりそうです。

インスタグラム風加工の再現手法

ポイント

これから解説する工程。
それをシンプルにまとめると
3つのポイントから構成されます。

ドラマチック調整

黒の面積を増やしながら、
鮮やかさは適宜調整して力強い絵にする。

ノスタルジー調整

色調をほんのすこし「ブルー」寄りにする。

オールド調整

黒い部分を、少しだけ淡くトーンアップする。
必要なら四隅はやや暗くする。

この3点を意識した簡単なステップをふむことで
だいたいどんな写真も
まぁまぁそれっぽいニュアンスになるような気がします。

仕上がりサンプル①標準的な写真

それでは実際にサンプルを使って加工していきます。

f:id:vintraw:20181005181309j:plain

こちらが元写真です。
配色も鮮やかさもコントラストも
すべてが平均的な『ふつうの写真』といったものが
対象になります。
そして加工を施した仕上がりが、以下です。

f:id:vintraw:20181005181803j:plain

並べて比較すると、↓こんな感じ。

f:id:vintraw:20181005181912j:plain

ちょっと独特なフィルターの雰囲気が
出ている感じがしませんか。

では、加工工程を説明します。

やることは最大で5工程です。

STEP1:ドラマチック調整

まずは写真に『黒』の部分を足してあげて、
ドラマチックな深みを持たせます。

1.イメージ 〉 色調調整 〉トーンカーブ

f:id:vintraw:20181005182437j:plain

トーンの左下側(黒のほう)の端っこをつかんで
右へスライドします。

これで写真の暗い部分が
さらに濃く、強く強調されます。
元写真の色味次第で必要な量が変わります。
適宜調節しましょう。

また、この操作に引っ張られて
明るい階調も少し暗くなってしまいます。
むしろそれでOKな写真もありますが、
今使っているサンプルは
少し全体が暗くなってしまったので
右上側を元の位置に調整しています。

2.イメージ 〉 色調調整 〉色相・彩度

元写真によりますが、
必要に応じて彩度も調節するといい感じです。

f:id:vintraw:20181005183716j:plain

本サンプルは、彩度を上げるパターンも
下げるパターンも
どちらも魅力的になりそうでした。
なんとなく、ちょっと上げる方向にしておきました。

ここらへんは加工者である
あなたのお好みで調整してみてください。

STEP2:ノスタルジー調整

写真の持つ色味・カラーを少しだけ
『青寄り』にかたむけて
少し哀愁ただよう、渋いイメージに近づけます。

3.イメージ 〉 色調調整 〉カラーバランス

f:id:vintraw:20181005183927j:plain

ここで3つあるカラーレベルのうち
左の2つをマイナス補正。
右の1つをプラス補正にします。
すると、あまりその他の色に影響を与えることなく
ブルーを全体に優しくプラスできます。

ここもまたお好みで、
好きな色味に加工してみてもおもしろいでしょう。

STEP3:オールド調整

ここまで加工した写真は、
まだクッキリ・はっきりとしていて
とても新鮮な力強さに満ちています。

ここからちょっとオールドな雰囲気をプラスして
優しい見た目に変化させます。

4.イメージ 〉 色調調整 〉露光量

きっとたぶん、この加工が
全行程のなかの一番のミソです。
強調しておいた黒が優しくなります。

f:id:vintraw:20181005184919j:plain

ここで真ん中の『オフセット』を調整します。
元写真に応じて、数値は変えてください。

0.02~0.05のあいだくらいがベストでしょう。

5.レイヤー 〉レイヤースタイル 〉光彩(内側)

写真によっては画面の端から中央まで
すべてがのっぺりとした印象になってしまうことも。

そこでこのレイヤースタイル『光彩(内側)』を使い
写真の外側を少し焼きます。 

※ここで写真のレイヤーが
『背景レイヤー』になってるとスタイルが適用できません。
『レイヤー0』などに変更しておきましょう。

f:id:vintraw:20181005190618j:plain

描画モード:焼き込み(リニア)
不透明度:お好みで(サンプルでは15%)
サイズ:お好みで(サンプルでは84px)

描画モードを焼き込みにして、
不透明度とサイズを調整すると写真の端っこが
少し焼けたように色が濃くなります。

不透明度とサイズのバランスは
プレビューで様子を見ながら調整してみてください。

これで完成です。

仕上がりサンプル②黒が多い写真

元から黒が多い写真のパターンです。

f:id:vintraw:20181005191126j:plain

この場合、工程1のトーンカーブで
黒を強調するとむしろやりすぎになります。
真っ暗になります。
そうゆう時はあえてトーンはいじりません。

f:id:vintraw:20181005191333j:plain

まぁ、なかなか微々たる変化ですね(笑)
全体が元々ほぼ黒な写真は、適用が難しいところです。

f:id:vintraw:20181005191357j:plain

私は控えめにしてしまいましたが、
こうゆう時はもっと大胆に
オフセットを上げてみてもいいかもしれません。
全体を覆う『黒』が印象を変えますよ。

仕上がりサンプル③黒があまりない明るい写真

f:id:vintraw:20181005191608j:plain

次は、逆に黒がほぼない元写真です。

f:id:vintraw:20181005191629j:plain

全体的にのっぺりしていたので、
こちらは彩度を大胆に上げています。
もう少しオフセット調整で、黒を薄くしても良かったかもです。

仕上がりサンプル④黄色と赤っぽい写真

f:id:vintraw:20181005191828j:plain

もともといい雰囲気の写真です。
インスタ風加工を試してみると。

f:id:vintraw:20181005191904j:plain

また違った味を出せました。
解説どおり『ブルー』を強調しているのですが、
それによって他の配色(黄色や赤)が
決して消えてしまわないところがこの加工術のポイントです。

仕上がりサンプル⑤ブルーのある写真

f:id:vintraw:20181005192145j:plain

学生のリボンとカーディガンが紺色です。
もともと青の存在する写真に対し
今回の加工術で雰囲気を変更します。

f:id:vintraw:20181005192352j:plain

窓をたたく雨。
曇り空が似合うような、
青く切ない色味に寄ったかなという印象です。

このサンプルの場合、
トーンカーブはいじりませんでした。
理由は、黒を強調すると髪・リボン・カーディガンの
わずかに残された繊細な濃淡が
つぶれてしまったからです。

黒くつぶれてしまった写真を
オフセット加工で白く仕上げても、
なんとも味気ない写真になってしまったので、
元写真に応じて『やること・やらないこと』を
見極めるのも加工の楽しみのひとつになるかと思います。

仕上がりサンプル⑥黒強調と彩度アップを存分に

f:id:vintraw:20181005193029j:plain

この写真は黒い部分が少なく、
男性が着ているタキシードはもともと黒で濃淡もないので
1.黒強調+4.オフセット加工で雰囲気が出せることは確定してたので、
2.彩度アップもまあまあ大胆に調整させてもらいました。

また、あえて3.ブルー寄せは省きました。

f:id:vintraw:20181005193041j:plain

ふたりを包む緑たちを充分に鮮やかにしつつ、
ちょっぴりオールドをプラスした感じです。

ブルー寄せを省いており、白いウェディングドレスは
まったくの純白なままですね。
次と比較するとおもしろいです。

仕上がりサンプル⑦黒強調とブルー寄せを存分に

f:id:vintraw:20181005193103j:plain

同じウェディングでも、
こちらにはまったく『黒』がいませんね。
いっこ前のサンプルと比較させるために
こちらを引っ張ってきました。

黒強調とブルー寄せを大胆に調整かけてみます。

f:id:vintraw:20181005193112j:plain

白いテーブルクロスや白いウェディングドレスに
クールなブルー味が付加され、
元写真とはまた違った雰囲気が出ました。

まとめ

ポイントは3つ。やる工程は最大5つです。

ポイント3つ
  1. ドラマチック調整
  2. ノスタルジー調整
  3. オールド調整
工程5つ
  1. トーンカーブで黒強調
  2. 彩度で彩度アップ
  3. カラーバランスでブルー寄せ
  4. 露光量のオフセットで黒を優しく
  5. レイヤースタイルの光彩(内側)で周りを焼く

いくつか作例を載せたように、
元写真によってやるべきこと、やらないこと、
そしてやるべき加工のボリュームが異なりました。

5つの工程をお好みで調整しつつ、
あなたのイメージした雰囲気へ持っていけると
楽しいかと思います。
ぜひご活用ください。