Royal Naught

ダイエットと健康と心理を検証するヘタレのノート

道の駅さかいの『さかい河岸レストラン茶蔵』に行ってみたらめちゃんこ良かった

こんにちは。

昨日NHKの「ひるまえほっと」という番組で道の駅さかいが紹介されてて、妙に気になってしまったのでテレビ閲覧2時間後には弾丸トラベラーへと変貌し、ちょっくら道の駅さかいを訪ねてきました。

f:id:vintraw:20190605134250j:plain
駐車場にクルマを停めて、レッツラゴー。

f:id:vintraw:20190605135150j:plain
なんらかの看板ですが、欠けてしまって「いいよ、お父さん。」に…。

f:id:vintraw:20190605135332j:plain
ご案内板。

f:id:vintraw:20190605135533j:plain
先ほどの案内板によれば、この建物は江戸~明治初期まで旅人や商人で賑わった「境河岸」をイメージした蔵造りデザインなのだそうです。

f:id:vintraw:20190605140207j:plainテレビでみた「茶蔵」とかいうレストラン&カフェの記載がありました。
ここで合ってるようです。

f:id:vintraw:20190605142509j:plain
──と、中へはいってみるとそこはお土産屋さん。
ふむ、ここではなさそう。
さらに奥へ行ってみます。

f:id:vintraw:20190605142737j:plain
お土産屋さんの中を通過すると、次の建物との間にちょっと外に出る空間があって、お野菜売ってました。

f:id:vintraw:20190605142754j:plain
次の建物はこちら。
ここでも野菜を売っていたり、たくさんのお醤油を売っていたりします。

ちょっと売っていたものをご紹介すると──

f:id:vintraw:20190605144921j:plain
砂糖で煮詰めるんじゃなくて、麹のチカラで煮詰めているらしいジャム!
ジャムなのにチョコレート味!
今回は買わなかったのですが……コレ書いてたらもう一度気になってきちゃいました。

f:id:vintraw:20190605190827j:plain
『さしま茶』というものが有名らしく、テレビでも紹介されてました。
こちらはその『さしま茶』を使ったジェラート。

f:id:vintraw:20190605191004j:plain
これは衝撃を受けました、透明醤油です!
醤油なのに透明なのです。不思議ですよねぇ。
これはさすがに即買いでした。
後日、味見をする予定です。

f:id:vintraw:20190605192341j:plain
建物をふたつめぐるも、お目当ての茶蔵とやらにたどり着かないので、先ほど外で野菜を売っていた場所にあったサンドイッチのお店のひとに尋ねてみました。

「ここをもっと奥まで行くと、キレイな建物が出てきますよ。そちらです」とご親切に教えてくださいました。
ここのサンドイッチもめちゃくちゃおいしそうでした。

f:id:vintraw:20190605192638j:plain
ということで道なりに進んでみると、オシャレな看板に「茶蔵」の文字。
こっちだ、こっちに違いない。

f:id:vintraw:20190605192744j:plain
つい数時間前にテレビで観た、見覚えのある建物を発見!

f:id:vintraw:20190605193621j:plain
2階と1階ではサービスが異なっており、1階はご覧のとおりビュッフェスタイルのレストラン『さかいキッチン』。
2階はカフェの『さしま茶サロン』と、予約制ディナーレストラン『さかい鉄板』。

f:id:vintraw:20190605194129j:plain
お席につくと、このようなメッセージが。大切ですね!

スタッフさんに撮影可能か確認を取ると「店内すべて、撮影可能ですよ^^」とご親切な対応をいただきました。

せっかくなので、どういったメニューがあったのかをご紹介します。
「日によって出ているメニューも違うんですよー、豚の角煮もあったりしますよ~」と教えてくださいました。

f:id:vintraw:20190605194608j:plain
さかいの小松菜のおひたし

f:id:vintraw:20190605194649j:plain
ひじき塩麹仕立て(自家製塩麹使用)

f:id:vintraw:20190605194732j:plain
サーモンの竜田揚げ

f:id:vintraw:20190605194818j:plain
切り干し大根(自家製塩麹使用)

f:id:vintraw:20190605194901j:plain
若鶏のクリーム煮(甘酒使用)

f:id:vintraw:20190605195025j:plain
鶏の照り焼き

f:id:vintraw:20190605195105j:plain
さばの味噌煮

f:id:vintraw:20190605195144j:plain
手作りミートローフ(麹味噌使用)

f:id:vintraw:20190605195232j:plain
ラザニア 梅山豚のソース

f:id:vintraw:20190605195331j:plain
塩麹仕立てのローストポーク(自家製塩麹使用)

f:id:vintraw:20190605195413j:plain
じゃがいものニョッキ

f:id:vintraw:20190605195459j:plain
醤油の和風きのこソース(パスタ)

f:id:vintraw:20190605195607j:plain
上記のメニューがこのようにずらりと並んでおります。
そしてさらに…

f:id:vintraw:20190605195705j:plain
農家直送・さかいの農民サラダも取り放題。

f:id:vintraw:20190605195814j:plain
しっかりと漬かったお漬物3種類。
こちら、確実にごはんが欲しくなります。
もちろんおいしいごはんもありました。

f:id:vintraw:20190605200028j:plain
さらにイタリア産パルミジャーノ・レッジャーノが丸ごとドカンとディスプレイされているこちらでは、チーズリゾットをよそってもらえます。

f:id:vintraw:20190605200144j:plain
こちらがそのチーズリゾット!
ひかえめに言って、くやしいながら激ウマです。

f:id:vintraw:20190605200319j:plain
ごはんに合わせられる、大人のインド風チキンカレーもございます。

f:id:vintraw:20190605200358j:plain
具だくさんのお味噌汁。

f:id:vintraw:20190605200534j:plain
スペシャルメニューの常陸牛ミニローストビーフ丼。
こちらはおひとり様一杯!
白米か五穀米がえらべました。

f:id:vintraw:20190605200718j:plain
五穀米でいただきました。

f:id:vintraw:20190605200829j:plain
自分でよそってきた各種メニューたち。
お皿も良いデザインでかわいいです。

f:id:vintraw:20190605201026j:plain
店内の様子。
2階まで吹き抜けの高い天井が開放感を与えてくれます。

f:id:vintraw:20190605201157j:plain
オシャレなランプシェード。
この布、さしま茶が関係していたのですが詳細忘れました(;'∀')

f:id:vintraw:20190605201320j:plain
壁面はほぼすべてガラスでできていて、これまた開放感あり。

f:id:vintraw:20190605201455j:plain
2階への階段には、さしま茶サロンとさかい鉄板の文字。
次回は2階も試してみたいですね。

f:id:vintraw:20190605201602j:plain
飲み物と…

f:id:vintraw:20190605201635j:plain
デザートもあります。
いちばん気になったデザートはこちら──

f:id:vintraw:20190605201822j:plain
白と黒のコントラストがかわいいモーモープリンです!
すでにカットして盛り付けてしまっているので写真だとわかりづらいですが、プリンの表面が白と黒でデザインされている牛模様のプリンなのです。

──とまぁ、このような感じに。
素材や味付けにこだわりが感じられて、健康的でおいしいメニューを好きなだけ食べられるビュッフェレストラン。
好きです、最高です。
かなり良いところでした。

スタッフの皆さんも優しいし、お味も優しいし、雰囲気も優しいし。
おまけに道路の向かいにはスーパーのKASUMI、ドン・キホーテ、ダイソー、さらには天然温泉『御老公の湯』があります…ってなんでもそろっちゃうところなんです!

※じつはこの日はその御老公の湯じゃなくて、別の天然温泉にこのあと弾丸トラベルしたという…続きはまた別の記事にて。 

とりあえずウェブサイトと食べログ置いておきますね。

https://www.ibarakiguide.jp/seasons/michinoeki/sakai.html

https://tabelog.com/ibaraki/A0806/A080601/8022271/