Royal Naught

和装読書男子の超雑記「ロイヤルノート」です

「世界猫の日」の8月8日に猫5頭と結婚式を挙げてきました。

さくっとご報告の日記です。

「猫5頭と結婚式を挙げてきました」というのは、猫と結婚したというわけではなく、猫たちに参列してもらったということです。

今回の結婚式の費用レポート記事はこちら

昨日2018年8月8日、私とお嫁さんと、参列者となる5頭の猫ちゃんとともに結婚式をとりおこないました。

あとから知ったのですが、8月8日は動物愛護団体・国際動物福祉基金が制定した「世界猫の日」でした。
これは嬉しいサプライズです。

車で会場へ移動中の一枚。風(ふう)ちゃんです。

f:id:vintraw:20180809110606j:plain

キリッ。

僕がしっかり周りを確認するのにゃっ

式でプロのカメラマンさんに撮ってもらったお写真はまだ納品前ですので、今は簡単なオフショットしかありません。

f:id:vintraw:20180809115801j:plain

ご両家様のお控室にて──

f:id:vintraw:20180809115826j:plain

思い思いに過ごし、待機をする猫たちです。

f:id:vintraw:20180809115854j:plain

f:id:vintraw:20180809115910j:plain

f:id:vintraw:20180809115923j:plain

f:id:vintraw:20180809115952j:plain

スタッフのかたに猫好きのかたがたくさんいらっしゃって、何度も何度も控室に会いに来てくれました。
「かわいい~!触っていいんですか、ありがとうございます~♪」
と喜んでくださいましたが、いえいえこちらこそ、たくさん愛でていただき、ほんとうにありがとうございました。

小さな結婚式がリーズナブルかつハートフル

f:id:vintraw:20180809120208j:plain

猫カフェみたいな状況になった控室。
これが無事成立したのは、『小さな結婚式』を提供してくれた株式会社レックさんのおかげです。

なお今回の結婚式というイベントにかかった費用は、前回の記事でご紹介したように122,600円でした。

私たち夫婦2人頭で割って、61,300円。
猫ちゃん5頭も入れて割るならば、1人頭17,514円ですね。

今回の2人だけの挙式(猫のぞく)で、ご助力くださった現場スタッフのみなさんの数は

  • プランナー:1名(最初から最後まで導いてくださったリーダー)
  • アシスタント:3名
  • 司会のかた:1名
  • お着付けのかた:1名
  • カメラマン:1名

人工を考えましても、やっぱりリーズナブルだなあと思います。
この日は前半後半で2組の挙式があったそうです。
半日をまるまるお相手いただいてしまったわけですが、それで前述のトータル料金です。着付けも、結婚証明書も、三々九度などなども諸々コミです。

 

猫を飼っていらっしゃるカメラマンさんが担当してくださったので、猫写真の仕上がりがとても楽しみです。
スタッフみなさん一丸となって、猫たち全員がカメラを向くようにアレコレと手をつくしてくださいました。
私たち夫婦含め、計9人の大人で、猫5頭を相手にわちゃわちゃしました。

この想い出こそがプライスレスというやつだな、と感じています。 

 

帰宅し、一夜明けた朝の天(てん)ちゃんで締めくくりたいと思います。

f:id:vintraw:20180809120306j:plain

天「昨日のドタバタは、いったいなんだったのにゃ…」

少人数専門&格安ウェディング式場【小さな結婚式】